注目を浴びるCBDオイル。瞑想との組み合わせで効果を発揮!

ストレス社会の近年、感情をうまくコントロールできず心の不調で体まで壊してしまう方が多くいます。

そのようなストレスの解消にCBDオイルの摂取が注目されています。CBDオイルを摂取すると頭や体をリラックスさせたり集中力を高めることが可能です。

そして同じようにストレス解消に効果があるとされているのがヨガ瞑想です。瞑想時にCBDオイルを摂取すると、相乗効果で大きな作用が期待できます。

今回は、CBDオイルを瞑想のどのタイミングで使うのか、効果の高い摂取方法はどのような方法なのかを詳しく解説していきます。

CBDオイル瞑想

【CDBオイル×瞑想】相性が抜群!

瞑想時にCBDオイルを取り入れることで、単独で行うよりも大きな効果が期待できます。

実際に瞑想やヨガにCBDオイルを取り入れてみると、集中してポーズに向き合えます。いつもより深いリラックスと体の開放感を得れるでしょう。

【CDBオイル×瞑想】具体的な3つの効果

それでは、CDBオイル×瞑想を行った場合、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか?効果の高いものを3つご紹介します。

ストレス解消

瞑想にもCBDオイルにもストレス軽減効果があります。瞑想時には体がリラックスしCBDオイルの効果も受け入れやすくなっているため、同時に行えばその効果はさらに高まるでしょう。抗炎症作用や抗酸化作用も高まるため、アンチエンジングにも適しています。

リラックス効果

瞑想時にCBDオイルを摂取すると、単独で行うより深くリラックスできます。また、瞑想により呼吸が整い、体本来のバランスが整うことで、CBDオイルの効果が最大限に発揮されます。

集中力アップ

集中できず瞑想がうまくいかない方は、CBDオイルを摂取すると集中力が高まるため、瞑想状態に入りやすくなります。いつもCBDオイルを使用していて、瞑想を行うと心と体が深いリラックス状態になっている方が集中力をアップしたい場合は、いつもより使用量を少なくすることによって集中力が持続します。脳がスッキリして斬新なアイデアもどんどんひらめくようになるのです。

瞑想時のCBDオイルのおすすめ順摂取方法

舌下摂取、経皮摂取、吸入摂取、経口摂取などCBDには様々な摂取方法があります。瞑想との相乗効果が高まるように摂取するにはどのように行ったらいいのでしょうか?
これから効果的な摂取方法を順にご紹介します。

おすすめ度100%舌下摂取

CBDオイル瞑想

瞑想の時にCBDオイルを摂取する場合、舌の裏に直接オイルをたらす舌下摂取が最もおすすめです。なぜなら舌下摂取は舌から直接CBDオイルの成分を吸収するため、消化や肝臓での代謝の影響を受けず、成分が血流に乗ってすぐに体の隅々までに行き渡るからです。

そのため、舌下摂取はCBDの持つ作用がすぐに発揮される最も効果的な摂取方法となっています。CBDオイルを舌下摂取した場合、通常30分〜1時間程度で効果が現れます。

おすすめ度70%吸入摂取

CBDオイル瞑想

CBDオイルを吸入摂取すると、まず肺に作用し、続いて心臓、脳、そして体全体に等しく行き渡り速やかに吸収されます。そのため、すぐにCDBオイルのリラックス効果を得たい場合には比較的おすすめです。

しかし残念ながら、吸入摂取の場合、効果の持続時間は短く2、3時間と言われています。瞑想は長時間に及ぶことも多いため、じっくりと取り組みたい方には不向きです。

おすすめ度50%経皮摂取

経皮摂取は、肌にCBDオイルを直接塗布する方法です。腰や膝など痛む部分にCBDオイルを塗布すると、痛みを軽減させることが可能です。ヨガをする際に体のどこかに痛みがある場合は、痛む部分にまずはCBDオイルを塗っておくと良いでしょう。

ただし、経皮摂取では脳や中枢神経系への作用はほとんどありません。全身のリラックス効果が期待できる舌下摂取との併用がおすすめです。

おすすめ度5%経口摂取

経口摂取は、CBDオイルを飲む摂取方法です。消化管や肝臓を通るため、これらの臓器の影響を受けやすく、経口摂取によるCBDの吸収率は6〜20%と言われています。全身に行き渡るCBD量は少なく、瞑想との併用にはあまりおすすめできません。

CDBオイルを使った瞑想の方法

瞑想を始める1時間前にCBDオイルを舌下摂取
舌の裏にCBDオイルを数滴垂らします。CBDオイルの効果が体に現れるまで通常30分〜1時間かかります。CBDオイルは瞑想を始める1時間前に摂取しておきましょう。

整った部屋で落ち着ける場所を見つけて深呼吸
部屋が雑然としていたら心は休まりません。視界に雑多なものが入らない場所を選び、心を落ち着けて深呼吸しましょう。心が乱れずに気持ち良い場所ならどこでも構いません。電車の中やキッチン、公園で行ってもいいでしょう。

一息ついてから落ち着いて瞑想に入る
リラックスできる場所を選び心構えができたら瞑想を始めます。瞑想といえば座禅を組むイメージがありますが、座禅が苦手な方は椅子に座って瞑想することもできます。座って瞑想する場合は、手や足を組まずに真っすぐ降ろした状態で行い、自分が誰からも攻撃されない安全な場所にいる姿を頭に浮かべてみてください。自らを心から慈しみましょう。

CDBオイルを舌下摂取して瞑想の効果を最大にしよう!

CBDオイル×瞑想の相性は抜群です。瞑想を行う1時間前にCBDオイルを舌下摂取し、心を落ち着けてから瞑想を行ってみましょう。

CBDオイルの効果により、いつもより深く瞑想を行えるはずです。深くリラックスすることで心と体の疲れが一気に取れます。気がつけば、心が明るく前向きな気持ちになっていることでしょう。

CBDオイル×瞑想のコンビは心と体の健康におすすめの組み合わせです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA